scrap-it-to


海外送金を安い手数料でするには

2017.03.19 10:47

香港に住んでいると、
香港ドルを香港から日本に送金したい、
または
日本円を日本から香港に送金したい
ということがある。

実際にこの費用は結構高い。
例えば香港から日本に送金する場合、普通は以下の3つがかかっちゃう。

「送金する際に香港の銀行に支払う手数料」
「香港ドルを日本円に両替する手数料」
「送金を受け取る際に日本の銀行に支払う手数料」

HSBCを利用する場合、
それぞれ、
115HKD( 1700円)
金額の3%程度
無料〜金額x%まで色々
かかる。

正直高い。

銀行を通すと高い。

ということで、銀行を通さないで送金ニーズのある人同士をマッチングさせて、
安価で送金できる(実際にはそれぞれの国内で資金移動)させるサービスがある。頭が良い。

Transferwise.com ホームページ

なんて素晴らしいんだ!
これですべて問題解決と思いきや、香港ドルの海外送金は対応していないらしい。
各国いろんな規制があって、銀行しか海外送金を認めてなかったりする。
規制っていのうはイノベーションを阻害するし、コストを生む。そして参入障壁も。
一方で、多少の安全性が高まっている。
でも今時、そういうのって自己責任で良いと思うわけです。
サービスを選択できる眼を養うことが大切。それよりも世の中が便利になって欲しい。

結局、銀行を使うしか無いのだけど、
HSBC、スタンダード・チャータード、バンクオブチャイナともに送金手数料は100HKD強とあまり変わらない。
HSBCやスタチャンはプレミアム会員は送金手数料が無料になるけど、これは自行宛のみ。
日本で、個人向け銀行業務を行っていないため、実質的に日本向け送金には使えなさそう。

日本側の受取手数料ではネット銀行が安い。
損しない海外送金!受取手数料の安いオススメ国内銀行3選
なかでも新生銀行は安いという話はよく聞く。
ひと目でわかる!海外から送金(被仕向送金)受取手数料の比較一覧

でも、日本に住んでいない人が、日本で口座を作ることができない。
今、新生銀行の口座を作りたくても、もう作ることができない。
【ご確認ください】海外サービスについてのご注意

この点、とても不条理に感じる。
海外に行っても日本に口座がある場合は、ルール上は閉じなきゃいけないんだけど、
実際にそれでは不都合がありすぎるから、黙認されていたりする。
このへんの仕組みってもっとちゃんと作ってくれないのかな。
まあ、少数の人のために法整備する必要は無いんだろうけど、
今、海外で働いている日本人の数は決して少なくないはずだ。

マイナンバーでの規制が強まると、このグレーの日本口座利用もアウトになってしまう可能性がある。
しかし、海外在住者にはマイナンバーが存在しない、、。これどうすればいいの、、?
海外在住者とマイナンバー制度。海外送金と口座開設ができなくなるってほんと?

今、現状できることは、日本に行くときにお金を許容範囲内でできるだけたくさんもっていくことくらいか。。


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する